« 解禁だよね | トップページ | 初フェニックス »

2006年11月16日 (木)

11月の第3木曜

Beaujolaisっつーことで、ボジョレ・ヌーボーです!
彼女が買ってきました(^-^

あざやかな色は若いから?っと思ったら作り方が違うんだね。
「マセラシオン・カルボニック法」って言うんだって。知らん。
ブドウをつぶさず縦型の大きなステンレスタンク詰め、下のブドウが重さで潰れその果汁の発酵により炭酸ガスが生成。
充満した炭酸ガスにより潰れていないブドウの酵素がリンゴ酸を分解。アルコール、アミノ酸、コハク酸などを生成。
で、この方法でできたワインはタンニンが少ない割りには色が濃く、渋みや苦みは通常のワインよりも少なくなり、リンゴ酸の分解で味わいも円やか、炭酸ガスにより酸化が防止されフレッシュに仕上がる。よくわかんないけどなんだかすげぇ(笑)
早めに飲んだほうがいいワインなんだそうだ。

|

« 解禁だよね | トップページ | 初フェニックス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 解禁だよね | トップページ | 初フェニックス »